現役大学生・准一の目標は、ズバリ金持ち! 目標を叶えるべく開始したFX生活ブログへようこそ^^

  FXでセレブ大学生の日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> アメリカ通貨 > 円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--


今日もいろんな本を読んで勉強しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近勝てているFX手法がありますが
無料なんで見てみては? → FXの手法

円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗

2009 - 04/01 [Wed] - 09:45


今日もいろんな本を読んで勉強しました。

円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗
野口 悠紀雄
円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 102052位
おすすめ度:
発売日: 2008-05-30
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

円安バブルなんか吹っ飛んでいる
今となっては、円安バブルがどうのこうの、もうどうでもいい話だ。著者も、こんなタイトルにしてしまったことを後悔しているのではないか。現在のアメリカのバブル崩壊に比べたら、バブルに入らないだろうし、崩壊というほど劇的なものは何もなかった。これから円高になるかもしれないが、それはアメリカ経済の崩壊によるものだろう。経済で先を読むのは難しい。
それはともかく、著者の文章は知的刺激にあふれていて、真実であるかはともかく、読んでいていて楽しい。ただ、著者の以前の著作で読んだような内容のものが多い。また、円安バブルに触れているのは、著書の一部で、あとは、年金問題とか、ふるさと納税の問題点だとか、経済に関する、著者の意見があれこれ述べられている。

基本は週刊ダイヤモンド連載記事
まあ、相変わらずの野口節である。本書は、週刊ダイヤモンドの氏の連載が元になっているので、新味はない。

米国でこれほどの事態となったのに、相変わらずの基本米国礼賛論でやや辟易とする部分もある。

看板に偽りあり
ひとつひとつのトピックはおもしろく、示唆に富むが、「円安バブル」について述べている部分は、序文と、本文の1割程度であり、為替政策についての本格的な議論を読みたくて買うと、肩透かしを食う。
また、本書の主要部分は著者が自分のWebで公開していて、無料で読める。このことは高く評価されてよいし、頭の良い営業活動だと思う。
しかしながら、著書を金を出して買った人への「ご褒美」が、落語もどきの序文だけというのは寂しい。本ならではのオマケが欲しかった。

スポンサーサイト

最近勝てているFX手法がありますが
無料なんで見てみては? → FXの手法

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://no100fxjunichi.blog87.fc2.com/tb.php/242-db7fb28b

 | HOME | 

ブログランキング

プロフィール

准一

Author:准一
現役大学生なのに、早期リタイヤを目標にしています(笑)
そんな自由人・准一です!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

相互リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。